割り切りや援交サイトは法律違反だからしてはいけない!?

世の中には、まだまだ割り切りや援交と言った出会い方をしたい男女が、ツイッターや無料SNSを使って出会いを探しているケースが存在してはいます。

 

ですが、割り切りや援交は法律に違反しやすい出会い方なので優良と呼ばれているサイト運営元はすべて禁止にしています。

 

どんな法律に引っかかるの?

 

児童売春・児童ポルノ処罰法

 

これはよくテレビのニュースなどで知っている方はとても多い法律で、逮捕されて報道されてしまうケースが相次いでいます。

 

18才未満だとはいくら知らなかったと言っても逮捕されてしまうと社会的地位や名誉、また家族からの評価が思い切り下がってしまう可能性は高いです。

 

また、法律が改正されてより厳しくなっていますので、重い刑罰に後悔しても足りないほどです。

 

児童福祉法

 

あまり聞かれることはないかもしれませんが、実は社会的な上下関係をうまく利用して支配しようとした罪です。

 

バイトの上下関係で強要されてしまうケースが多いですね。

 

他には、担任と生徒と言った関係でしょうか。

 

金品が全く絡まくても成立しますし、先程同様に厳しく罰せられます。

 

 

淫行条例

 

各自治体が出している法律で、青少年育成条例違反なんてよく言われてます。

 

18才未満の児童と不真面目な交際をしていると、捕まってしまうケースが多いです。

 

これは、金品の教授は特に関係がありません。

 

これらはすべて18才未満との関係を持つといけませんと言う法律の内容になります。

 

 

なら、なぜ出会い系サイトでは18才以上の男女が参加しているのに、禁止になっているのか?

 

すでに出会い系サイトでは年齢確認を実施しており、18才以上でないと利用できない状態にはなっていることを知っている方はたくさんいるので、疑問に思うかもしれません。

 

これは売春の斡旋に繋がる恐れが高いためです。

 

例えば、

 

ホ別2万円で新宿で会える人いる?

 

なんて書き込みが普通にやりとりされてあれば、当局としては監視を強めてしまいますよね普通に。

 

特に、出会い系サイトには出会い系サイト規制法も存在していますので、何重にも厳しくなっています。

 

ですので、出会い系サイトで割り切りや援助交際をすることは一切できない状況になっています。

 

もちろん法律違反になってしまい捕まる人が増えたので、出会い系サイト(インターネット異性紹介事業)を行っている運営元にはこれだけは守ってもらうためにと法律を作ったためです。

 

最後に、

 

ならツイッターやSNSではどうなのとなりますが、あまり報道されていないかもしれませんが、会った人が警察でそのまま御用になっていますので、やらない方が身のためです。

 

 

 

 

 

このページの先頭へ戻る