サクラの見極め方法さえ知っておけばもう騙されることなく会える

「ゲッ!またサクラだよ!」

 

こんな気持ちになってしまう男性の多くは、出会い系サイトを使っていれば必ず感じてしまうことですね。

 

だけど実際に本当にサクラがいるのかと言われると、実はいないんですよ。ただし、男性会員を別の出会い系サイトへ誘導しようとする業者がおり、これを我々はサクラなんて言っているんです。

 

別の業者が入り込む隙間なんてどこにあるの?

 

と悩まれるかもしれないですが、実は今どきの出会い系サイトでも、年齢確認まではしないといけないことになっているのですが、年齢確認をした本人が本当に”本人なのか”は分からないですからね。

 

そこで、会員登録が無事済んだ業者のサクラは男性会員を誘導しようとやりとりしているんですよね。

 

もちろん、サイト運営元は業者の存在がうざいですから見つけ次第強制退会にはしているのですが、また別の携帯電話や電話番号を変更して新規登録をしては悪さを繰り返すのでイタチごっこが続いてはいます。

 

では、業者の見抜き方ですが・・・

 

・誤字脱字だらけのメッセージをもらった!

 

これは外国人にメッセージを書かせているかまたはとにかく反応が欲しい業者ですね。

 

返事をもらえた人には別のサクラからメッセージが届き、誘導されていくパターンになりやすいです。

 

・LINE交換を相手が率先してしようとしてきた!

 

男性から誘うのが普通ナンパなのですが、逆ナンパ状態でLINEIDを交換しようとすることがあります。これはLINEから別の出会い系サイトへ誘導しようとする魂胆ですね。

 

意外にも情が湧いてしまうと、すでにLINEでやりとりしているにも関わらず、別の出会い系サイトに誘導されても気づいていてもしてしまうものなので、なんかおかしいと思ったらその人とは今後やりとりをしなければ良いだけです。

 

・援デリ業者だった

 

「2万円でしない?」とこれならソープより気楽だし楽しめるよと言う気持ちにさせるつもりで打診してきます。

 

会ってもろくな女性と出会えないし、Hも気持ちよくないし・・・で踏んだり蹴ったりで終わるパターンになりやすいです。

 

LINEIDを交換後にしてくるパターンが99%ですね。

 

※今現在、援交や割り切りと言った類は法律に違反していますので、しないようにしましょう。

このページの先頭へ戻る