実は2人に1人は既婚者が使っている!誰にも怒られないから安心!

出会い系サイトと言えば、つい独身の男女が交流をする場所だと思ってしまいがちですが、実は出会い系サイトを使っている人の2人に1人は既婚者だったりします!

 

なぜそこまで既婚者が多く、逆にいえば独身者が少ないのか?

 

毎年日本では3組に1組が離婚すると言われていますが、それでも既婚者の利用があるんですよね。

 

既婚者だって離婚すれば独身に戻ってしまうのですからね。

 

配偶者に浮気や不倫がバレてしまい、みなさんが想像通りの乱闘状態になったり、冷めて離婚に踏み切るなんてよくあることです。

 

ではそんな人たちは一体どこで出会いを求めているのかと言えば、出会い系サイトが圧倒的に多いんですよね。

 

さすがに知り合いや友人からの紹介なんてまずあり得ないですからね嫁バレしやすいですし、それなら婚活パーティーなんて想像しそうですけど、中には既婚者とか関係なしに参加できる会場もありますけどやはり厳しいものがあります。

 

ですので最後は出会えそうなサイトをチョイスしては使って出会いを見つけていくパターンになるんですよね。

 

しかも、お金がなくて毎月ヒイヒイ言っているような既婚者よりも、蓄えがあるので今はお金に余裕があるので、デート代くらい出しても平気!と言う人が多いのです。

 

女性だってデート代を出してもらえた方がそりゃ嬉しいですから、既婚者でもついついデートしちゃったりするんですよね。

 

独身の男性の場合だと、既婚者の男性よりも年齢層が低くなりがちで18歳からになりやすいですから年収は平均化すれば低い人が多い傾向があります。

 

さすがに30代を越えてくれば違ってはきますけども、そもそも社交的な人は異性を出会い系サイトじゃなくても見つけられますからね。

 

すなわちあまり人と関わりたくないとか関われない仕事をしている、また学生、就職活動中などちょっと焦りを感じている人が多いですよ。

 

女性の場合は、彼氏を見つけたいからと思って会員になっていたら、彼氏を見つけたけど入り浸ってしまっている人も入れば、そうでない方など様々ですけどね。

 

今は、女性も人妻(主婦)になってから旦那とセックスレスだから仲はいいけどしようかなと言う人が増えていますよ。

 

独身の女性を狙う場合よりも実は人妻を狙う方が手堅いですからね。

 

なぜなら、色々と行動しづらいですし出会うなら秘密の方が良いからです。

 

既婚者同士だと主婦だって安心しやすいのは、お互いに大事なものを背負っているのでばれないように行動をしがちだと言えますね。

このページの先頭へ戻る